早く海に帰りたい

人間を喰う

死を祈る

 

この記事は「4階 Advent Calendar 2018 - https://adventar.org/calendars/3347  」24日目の記事です。

 

以下、本文です。

 

 

 

美縁(みより)が死んだのは、冬の匂いが微かに鼻をつく、11月のことだった。彼はマンションの4階に住んでいて、そのベランダから飛び降りたのだと聞いている。死ぬには難しそうな高さだと僕は思ったが、上手く頭を打ったのだそうだ(上手くというのもおかしな言い回しだが)。

彼がその身を中空に任せる前々日、彼から電話があった。食事を奢りたいので明日会えないかと言う。彼は決して裕福ではなかったから、僕は少し不審に思った。しかし実際に会ってみると、彼は至って普段通りであった。そして僕は僕で何も訊かなかったし、何も言わなかった。僕らはお互いによく喋る方ではなかったものだから、二言、三言と言葉を交わしつつも特に会話が弾むことはなく食事をした。彼の家と僕の家は一駅分離れていて、僕らが食事をした店からの帰りでは僕が先に降りる。別れ際、彼は「お疲れ」と言った。僕は「お疲れ、またね」と言ったと思う。そのとき彼がどんな表情を浮かべていたかは残念ながら思い出せない。

そして次の日美縁は死んだ。僕はそれを聞いたとき、そっか、と思った。僕と彼は二人とも厭世的な性分であったし、それが故に気が合った。そうであるから、いつかこういう日が来る可能性を、はっきりと言ったことはないがお互いに理解していた。その理解は同時に、死ぬ覚悟であったし、相手に先に死なれる覚悟でもあった。

彼はどんな気持ちで僕と会ったのだろう。何か僕に伝えたいことがあったのだろうか。彼は感傷的な性格を多分に持ち合わせていたが、稀に見る口下手であった。いくら僕と彼との仲とは言え、自らが死ぬつもりであることをそう簡単には打ち明けられないだろう。しかし、正直に言うと、僕は彼が口下手でよかったと思う。これは飽く迄も僕の感情に過ぎないことを強調しておくが、僕は彼と会えて、話ができてよかったと切に思う。「またね」と言えてよかったと心底思う。僕らの最期には、明確な「お別れ」なんてものは相応しくない。死は日常の延長に過ぎない、そんなことをいつか彼と話したことがあった。その通りだ。人間は死ぬ。それだけのことなのだ。もしかしたら彼もそれを覚えていて、敢えて黙っていたのかもしれない。


彼は、美縁は救われているだろうか。


死は日常の延長に過ぎないと言ったが、しかしそうであるならば、そうであるからこそ、こう思わずにはいられない。月並みな言葉だが、この世界は僕らが生きていくにはあまりにも過酷で、残酷だ。僕や彼のような性格、考え方であれば尚更だ。彼もそれを痛いほどわかっていたからこそ死という手段を選んだのだろう。救われていて欲しい。せめて、せめて死は救いであって欲しい。これは祈りだ。僕は祈る。彼を想って。僕を想って。そうすることで、僕があのとき言った「またね」が彼にとっても、僕にとっても意味を帯びてくる気がするから。

 

 

批判に於ける誠実さの話

 

この記事は「声かけ写真展 Advent Calendar 2018 https://adventar.org/calendars/3822 」の18日目の記事です。よろしくお願いします。

 

誠実さとは何か。誠実さとは資格です。何らかの物事を批判する際は殊にそれが必要になります。つまり、批判したい物事に対して誠実さを発揮できない人間には物事を批判する資格はないということです。

 

今回の声かけ写真展の騒動では、「資格」を持たない人間が多く見られます。

では具体的にどのような点が「誠実さに欠ける」と言えるのか、例を挙げていきます。

こちらの記事『世田谷の「声かけ写真展」で少女写真を販売 主催者はアダルトサイト運営も https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/photos‬ 』ですが、中身をしっかり読めば声かけ写真展の主催者はアダルトサイトを運営していないことはわかります(buzzfeedさんのこの記事は明らかに見出しに悪意があり、これによって多くの誤解を招いている部分は大きいと思われますが、これは他の方も言っているので今回は掘り下げません)。一丁前に「声かけ写真展を許さない」と謳っておきながら、それに関する記事を読むことすらしないのはどう考えても誠実さに欠けるでしょう。

「声かけ写真展のホームページに主催者への連絡先が書いていない」と憤っている方もいましたね。書いてあります。お前がちゃんと読んでいないだけです。

最も酷いのは、声かけ写真展を批判している方たちの大半が声かけ写真展に足を運ばず、実際の展示作品を見ていないということです(中には足を運んで作品を見ている方もいらっしゃるかもしれないので「大半」としておきます)。見てもいないのに批判なんぞ出来るわけないだろいい加減にしろ。

 

このように、声かけ写真展を批判している皆さんは実情を知ろうともせずにただ勢いに任せていっときの昂りをぶつけているだけに過ぎません。これまで便宜上「批判」という言葉を使ってきましたが、彼ら、彼女らの言動は批判とは言えないでしょう。ただの罵倒です。批判という体を気取るから発言に矛盾を抱えてしまうし、僕のようなのに馬鹿にされるのです。

「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ」という言葉があります。石を投げる際にはそれなりの覚悟を持ってやって欲しいものですね。

 

※追記

本記事を読んで、「この記事には誠実さがない」と思われた皆さん、ご安心ください。僕ははじめから、声かけ写真展を批判している皆さんを批判する為ではなく、そのような人々を馬鹿にする目的で書いているので問題ありません。しかしそういった感想を持ってくださった方はちゃんと読んでくださっているのでそれで正解です。ありがとうございました。

物事の相関性の話

 

この記事は「声かけ写真展 Advent Calendar 2018 https://adventar.org/calendars/3822 」の16日目の記事です。よろしくお願いします。

 

まず、声かけ写真展の主催者である器具田こする教授がアダルトサイトを運営していたとして(実際には運営していないのですがそれは一旦置いておきます)、そのことと声かけ写真展で展示される作品がポルノであることには相関性がありません。アダルトサイト運営者が主催する写真展なのだから展示物もそのようなものである、とするのは「アダルトサイト運営者はポルノにしか興味がない」という偏見によるものです。冷静に考えてみればアダルトサイト運営者が全年齢向けのイベントを開催することも当然あるでしょう(それをどう受け止めるかはまた別の話ですが)。

そして次に、展示物がポルノであったとして(これも実際にはそうでないのですがまた一旦置いておきます)、その展示物がアートであるかどうかとは相関性がありません。世の中には大きくポルノ性を孕んだ芸術が沢山あります。美術の教科書に載っているような作品でも、裸の男性や女性を描いた絵画あるいは彫像は多く存在し、そしてそれは皆さんの記憶にも残っているかと思われます。つまり作品にポルノ性があろうとそれは芸術たりえるのです。

この他にも声かけ写真展に対する批判の穴はあるのですが、今回はこれぐらいにしておきます。

 

さて、結局何が言いたいのかといいますと、声かけ写真展を批判している皆さんは物事を冷静かつ俯瞰的に見る能力に欠けており、一過性の怒りをただぶつけているだけに過ぎないということです。もう少し噛み砕いて言わせていただくと、ただ石を投げたいだけの馬鹿は黙ってろよ、ということです。しかし、ただひたすら感情に振り回されている皆さんを見ると哀れな気がしてくるので、僕は平和的に解決できるといいなと思います。

2018-10-23

 

   転院の日である。僕は前日、いや恐らくもっと前から非常に憂鬱であった。当然である。車椅子に乗ったまま僕の忌み嫌う両親(これについては今は多くを語るまい)と同じ鉄の箱に詰められ移動するのだ。その息苦しさと言ったら……。その上、移動に7時間ほどもかかるというのであるから、僕は憂鬱にならざるを得なかった。

   さて転院するのであるから、勿論病院の外に出ることになる。僕は非常に憂鬱ではあったものの、その憂鬱の裏に僅かな高揚感じみたものがあったのもまた事実である。

   果たして僕は何の感慨も感じ得なかった。どうやら二ヶ月に及ぶ入院生活の間に、僕の心は恐ろしく愚鈍で浅薄なものへと落ちぶれてしまったらしい。カーテンに囲まれた狭苦しいベッドと別れる解放感。外の空気に晒され、空調によらない自然な気温に触れる胸の高鳴り。病室と病棟の廊下しか映らなかった視界が一気に開ける感動。そのどれもを僕は期待していたのであったが、その一切を感じ得ることはなかった。更に言えば、平生僕が部屋の外へ出る際味わっていた恐怖すらも感じることはかなわなかった。僕は所謂引きこもりであったし、その上ひどい鬱傾向にあったものだから(これは僕が自殺を試みて自室のベランダから飛び降りるような人間であることから察せられると思う)、外に出る折には度々強い恐怖に晒されたものであった。そんな僕であるから、屋外へ出る際には必ず何かを感じるものなのだが、この日に限っては何の情緒の動きも見られなかった。僕は何とも言えぬ哀しみに全身を包まれた。しかしこれは外の世界に対してのものではない。外界の刺激に対して不感症になってしまった自らへの、極めて内向的な哀しみなのであった。

   一面灰色の空が、なんだか僕の心を見透かしているようだった。そして僕のその考えすらも見透かしたように雨の雫が一粒、また一粒と僕の顔を濡らし、哀しみに涙を流すことすらかなわぬ僕を嘲笑ってみせるのであった。

宗教と理性と大麻の話

まず大きな前提として、僕は宗教が破茶滅茶に嫌いというのがあります。何故そうなったかというとこれは僕の両親が宗教家であるという一点に尽きるんですが、そこはまあいろいろ察してください。いろいろあるんですよ。あるんだよ。いろいろ。

次に、僕は反性交主義者です。僕は反性交主義を理性の観点から唱えている(この話はそのうちしっかりやりたいと思っています)ので、理性主義にかなり近いです。

しかしこれは言ってしまえば信仰なわけです。理性信仰。そして最初に言いました、僕は宗教が嫌いです。ここで言う宗教は「特定の何らかを信仰すること」を含みます。

ここまで言えばわかりますね、僕の中で宗教嫌いと理性信仰が矛盾を起こしてしまったのです。これによって僕は悩み、入院中結構な時間これを解消する方法を考えました。そして苦し紛れではあるものの一応の答えを導き出しました。

さてここでクイズです。8×8はいくつになるでしょうか。答えは9629です。わかるやつにはわかる。

本題に戻りましょう。僕は多少無理がある気はするものの一つの解を見つけました。それは「ちゃんとした理論に基づいて理性に重きを置いているので信仰ではなく思想の一体系である」とするものです。さっきは多少と言いましたが文字に起こしてみるとだいぶ無理がある感じがしますね。まあでもアレです、許してほしい。いやこれ実際考えてみるとすごい難しい問題なんですよ。皆さんも考えてみてください。

というわけで、もう少し考える余地がありそうなのでこれは宿題とさせていただきます。おわり。