早く海に帰りたい

人間を喰う

2018-10-23

 

   転院の日である。僕は前日、いや恐らくもっと前から非常に憂鬱であった。当然である。車椅子に乗ったまま僕の忌み嫌う両親(これについては今は多くを語るまい)と同じ鉄の箱に詰められ移動するのだ。その息苦しさと言ったら……。その上、移動に7時間ほどもかかるというのであるから、僕は憂鬱にならざるを得なかった。

   さて転院するのであるから、勿論病院の外に出ることになる。僕は非常に憂鬱ではあったものの、その憂鬱の裏に僅かな高揚感じみたものがあったのもまた事実である。

   果たして僕は何の感慨も感じ得なかった。どうやら二ヶ月に及ぶ入院生活の間に、僕の心は恐ろしく愚鈍で浅薄なものへと落ちぶれてしまったらしい。カーテンに囲まれた狭苦しいベッドと別れる解放感。外の空気に晒され、空調によらない自然な気温に触れる胸の高鳴り。病室と病棟の廊下しか映らなかった視界が一気に開ける感動。そのどれもを僕は期待していたのであったが、その一切を感じ得ることはなかった。更に言えば、平生僕が部屋の外へ出る際味わっていた恐怖すらも感じることはかなわなかった。僕は所謂引きこもりであったし、その上ひどい鬱傾向にあったものだから(これは僕が自殺を試みて自室のベランダから飛び降りるような人間であることから察せられると思う)、外に出る折には度々強い恐怖に晒されたものであった。そんな僕であるから、屋外へ出る際には必ず何かを感じるものなのだが、この日に限っては何の情緒の動きも見られなかった。僕は何とも言えぬ哀しみに全身を包まれた。しかしこれは外の世界に対してのものではない。外界の刺激に対して不感症になってしまった自らへの、極めて内向的な哀しみなのであった。

   一面灰色の空が、なんだか僕の心を見透かしているようだった。そして僕のその考えすらも見透かしたように雨の雫が一粒、また一粒と僕の顔を濡らし、哀しみに涙を流すことすらかなわぬ僕を嘲笑ってみせるのであった。

宗教と理性と大麻の話

まず大きな前提として、僕は宗教が破茶滅茶に嫌いというのがあります。何故そうなったかというとこれは僕の両親が宗教家であるという一点に尽きるんですが、そこはまあいろいろ察してください。いろいろあるんですよ。あるんだよ。いろいろ。

次に、僕は反性交主義者です。僕は反性交主義を理性の観点から唱えている(この話はそのうちしっかりやりたいと思っています)ので、理性主義にかなり近いです。

しかしこれは言ってしまえば信仰なわけです。理性信仰。そして最初に言いました、僕は宗教が嫌いです。ここで言う宗教は「特定の何らかを信仰すること」を含みます。

ここまで言えばわかりますね、僕の中で宗教嫌いと理性信仰が矛盾を起こしてしまったのです。これによって僕は悩み、入院中結構な時間これを解消する方法を考えました。そして苦し紛れではあるものの一応の答えを導き出しました。

さてここでクイズです。8×8はいくつになるでしょうか。答えは9629です。わかるやつにはわかる。

本題に戻りましょう。僕は多少無理がある気はするものの一つの解を見つけました。それは「ちゃんとした理論に基づいて理性に重きを置いているので信仰ではなく思想の一体系である」とするものです。さっきは多少と言いましたが文字に起こしてみるとだいぶ無理がある感じがしますね。まあでもアレです、許してほしい。いやこれ実際考えてみるとすごい難しい問題なんですよ。皆さんも考えてみてください。

というわけで、もう少し考える余地がありそうなのでこれは宿題とさせていただきます。おわり。

『熊の場所』

 

  4階から飛び降りるとき、当然だとは思うが、怖かった。怖いなんてものじゃない、あれから一ヶ月以上経った今でも当時の感覚を思い出し、少し泣いたりする。当然だ。高所から飛び降りるのが怖くない人間は、いるにはいるのだろうが、人類の総数からしてみればごく僅かだろう。怖くて当然なのだ。本能により恐怖を感じる、当然のことだ。しかし僕は、それを「当然」で終わらせるわけにはいかない、と強く思う。

 

  熊の場所に戻らなくてはいけない。

 

  『熊の場所』について、少し説明する。舞城王太郎氏の著書に、「熊の場所」という短編がある。そこでは、主人公の父によって『熊の場所』が語られる。主人公の父がアメリカで知人と山に入った際、熊に出くわす。知人が熊に襲われている間に主人公の父は逃げ出すが、停めてあった車から銃を取り出すとすぐに熊のもとへ戻り、熊を撃ち殺す。それによって知人は助かる。

 

  『熊の場所』は、『恐怖の場所』だ。そしてそこには『熊』がいる。『熊』は『恐怖の源』。僕は『熊の場所』へ戻り、『熊』を殺さなければならない。それもなるべく早く。手遅れになる前に。

 

  さて、ここで一つ疑問が生まれる。『4階』という『熊の場所』に於いて、『熊』とは一体何なのか。少し考える。『高さ』だろうか。もし『熊』が『高さ』であるなら、それはどのようにして克服すればよいのだろうか。バンジージャンプ、などという馬鹿げた考えが頭をよぎる。似たような恐怖を味わってその恐怖に慣れるというのは一見悪くない考えかもしれない。しかし、それは真に恐怖を克服したことにはならない。『恐怖の源』を自らの手で殺さなければ、恐怖を克服したことにはならないのだ。『高さ』という『熊』を殺すことは出来ないだろう。あるいは、『死』。『死』に対して恐怖を抱いたのならば、『死』を殺さなければならない。『死』を殺すということは、死ななくなること、つまり不死になることであろう。不可能だ。ここで僕は自身の言葉を思い出す。「本能により恐怖を感じる」。そうであるならば、『恐怖の源』とは『本能』なのではないか。だが、『恐怖の源』が『本能』だと仮定して、それを殺すことは可能だろうか。『本能』を殺すということは、実質的な『死』を意味していまいか。果たして僕にそれが出来るのだろうか。

 

  熊を殺さなくてはいけない。

 

 

2018-9-29

 

今日も車椅子に乗った。3日ほど前から何回か乗っている。

病棟の廊下の端まで行くと、窓がある。ひどく汚れているし網戸もあって十分には外の景色は見渡せないが、病室の天井よりは幾分かマシな気がした。

窓からは、妙に煤けたマンションが見える。それを眺めながら、「あれぐらいの高さだったら死ねたのかな」と思った。

空は曇っていた。

ほしい物リストから本が届いた

 

f:id:utsubo_san:20180716010140j:image

f:id:utsubo_san:20180716010146j:image

f:id:utsubo_san:20180716010135j:image

届きました。だーじ・りんさん(@Darjeelingte)からでした。ウオーめっちゃ嬉しい。あのリストの中から敢えて虚無への供物を選ぶセンスですよ。本当にありがとうございます。

 

ところで毎日誕生キャンペーンというのはTwitterで毎日誕生日を当日に設定するというもので、特に意味はないです。

 

あとこれは余談ですが、不在票が入っていた時点ではAmazonから何らかが届くという情報しかなかったのでカラーコーン的な何らかが届くのではないかと思って結構恐れていました。勘繰ってすみませんでした。

 

いやーしかしアレですね、だーじ・りんさんには以前オフをした際に諸々を奢ってもらったりしたし完全に頭が上がらんという感じがします。まあ僕の頭が上がる相手が存在するかというと微妙なところではあるのですが……。

そんなわけでだーじ・りんさんそのうちまた何らかの会をしましょう。そのときは僕の奢りで。よろしくお願いします。

 

ほしい物リストから体温計が届いた

なんかいろいろあり、フォロワー氏から婦人体温計(小数点第二位まで計れるすごいヤツ)が送られてきました。

 「なんかいろいろ」に関しては説明するのだるいので僕のツイーを掘るなどしてください。もっとも、皆さんそこまでは興味ないでしょうが。ちなみにお礼はLINEで直接言ってるので(直接ではない気もするが)そういうとこで僕を批判しようとしても無駄だぞ、馬鹿め。

 

使ってみた感想
・口で計るタイプの体温計使うのはじめてで使い方が合ってるかわからない
・かなり短時間で計れるのですごいが、早すぎて「お前ほんとにちゃんと計ってるんか?」という気持ちになる
・使う度に水洗いするのはちょっとだるい
・そもそも体温を計るのが4、5年ぶりなのでなんかドキドキする

 

まあこんな感じでしょうか。なんにせよ今後とも体温計並びに基礎体温くん(@taion_rec)を使っていく所存であります。

 

しかしアレですね、体温計使うとこう、小学生の頃熱ないのに体温計の測定値をどうにか上げて親を騙して(今思うと絶対バレてるよな)学校を休んだりしていたのを思い出してかなりオゲーになりますね。僕はとにかく学校に行きたくなかったし、人間にこのような過酷な運命を押し付ける生殖が悪い。おれは生まれてきたくなかった。生まれてきたくなかったんですよ。

 

 

マイスリー飲んだ状態で人はどれだけまともな文章が書けるのか

今回の記事は内容が内容なので誤字とかは」ほぼ気にしない感じで行きたいと思います、よろしくお願いいたします。

えー、さきほどマイスリーを飲みまして、20分ぐらいたったんですが特に効果が表れなかったので追いサイレースをして、合計で30分以上たっているというのが現状です。感覚としては、体はまあまあふわふわしているんですが意識は結構はっきりしてて、そこの齟齬尾tどう折り合合いを付けるかというところでなんあかよくわからん感じになったおりますです。つうかマジで体が追い付かねえ、体が睡眠を書士がったるのがわかるしマジでフラフラする。でも意識ははっきりしてて書くべきことは頭に浮かんでくる。ところで本文とは関係ないdンですがめっちゃ吐きそうになて来た。やはりこの企画は無謀だったのかもしれん。ああもう結構体のほうが限界ぽいので空ソロ終わり余すが、お前らマイスリーやその他の薬をこのような使い方をっするのはマジでやめろ。これは僕の本心です。ODとかはマジでやめろ。本当に碌なことにならん。いいな、僕との約束だ。すまんけど上手いオチとか思いつかなかったんでこれで終わ尾いますね。お前らODはマジでやめろよ。あと生殖と性交もやめろ絶対だよ。